私たちのこだわり

出来たてのパンはどこのお店でも美味しいものですが、オセルは一週間に1度しか配達しないため、5日目が一番おいしい状態になるよう喫茶店、ホテル専門の業務用のパンを取り扱っています。 オセルのパンは店頭販売は一切しておらず、ご購入方法は宅配(玄関先での販売)とネットでのご注文のみとなっています。

私たちの思いイメージ
オセルについて

~オセルの想い~

オセルは、地方に住む方々に週1で食材を届けています。
年齢を重ねた方々は免許を返上すると、コンビニやスーパーが近くにあまり無い中で、大変な思いをしての買い物を余儀なくされます。
その優しいおじいちゃん👴おばあちゃん👵達は、Webでのお買い物は手順が多く、中々に利用し辛いといった方も多くいらっしゃいます。
そんな方々は、私達のパンを買うことより、週1でお話出来る楽しみを待ってくれています。
たまに、都会から娘さん、息子さんが来た際に買いだめ出来るだけの量を車を使って頼むこともあるようですが、忙しいから、頼むのも悪いし、と子供さん達を想って、我慢してあるがままの中で畑等で自給自足しています。


そこで私たちは、私達の大好きお客様、じいちゃん バァーちゃん おとん おかん、お子さん、お孫さん❤️への恩返しをするサービスを考えました。
私達のサービスは、物を買って頂くサービスよりも、買い物が難しい方、ハンディキャップをお持ちの方、中々家族同士の接する時間が取れない方々への手助けをするもので、これにはネットやスマホが使える 人達のお力添えがなければこのサービスは成り立ちません。


故郷のおじいちゃん、おばあちゃんに送り届けられた箱の中には見えやすいパンフと電話番号しか書いていないものを入れます。
そして、故郷の両親を気遣う息子さん、娘さんに変わって、なるべくご老人が運ぶのが困難な食材等をリサーチし、セットに入れていきたいです。
そして、もし故郷の家族が息子さんたち、お孫さん達にギフトを送り返すとなった時も、より多くの方が利用できるようにと用意させていただいたネット決済だけでなく 、昔ながらの玄関先で現金、クレジットカードでのお支払いも利用していただけるように、配送業者さんと提携をしました。
間違っても、歩いて20分以上かかる、郵貯、銀行、コンビニまで、足の悪い人を振り込みさせにはいかせません。
オセルは地方の岐阜にあります。東海3件に、宅配は自ら行けますが、20年以上会社存続の恩返しとしても、日本中の大切な方々を助けたいと思っています。
私たちのサービスを利用してもらう中で、商品を気に入っていただけ、贈り物としてもお客様個人の飲食の一つとして利用していただけるようになる事が出来れば幸いです。
その贈り物が沢山の幸せ家族を築いていけるよう、お力添えください。

家族のような絆

お客様と配達員は家族のような関係

オセルは配達員とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。
配達に訪問させていただくお客様はお年寄りが多く、特に一人暮らしのお年寄りはパンを楽しみにしていただいているだけでなく、配達員との会話も楽しみのひとつとしていただいています。信頼できる相手との会話で心も元気になれる、そんな関係性から、配達先のご家族からも信頼をいただいています。

お客様と配達員は家族のような関係イメージ

家族主義の会社です

オセルでは、社員同士も家族のような関係でありたいという想いを持ち続けています。
社員は会社の大切な財産です。社員が働きやすい環境づくりに取り組み、社員の私生活も応援して、お互いに思いやることのできる、そんな信頼関係を大切にしています。

家族主義の会社ですイメージ

私たちにできること

配達員が一人暮らしのお年寄りにパンをお届けした際、顔を合わせて交わす何気ない会話。
変わりなく暮らしている様子やちょっとした変化を会話を通して感じ取り、離れて暮らすご家族へお伝えしています。

facebook link

会社案内

会社名 株式会社オセル
本社所在地 岐阜県各務原市那加信長町1-51
電話 0120-047-096
代表者 奥田 直美
設立 2002年6月
資本金 10,000,000円
会社外観

map